1. HOME
  2. 超和牛NEWS
  3. シャトーブリアンってなんだ?牛肉の最高級部位はステーキで。

シャトーブリアンってなんだ?牛肉の最高級部位はステーキで。

今回はみんなもなんとなく憧れを抱いているであろうお肉、シャトーブリアンについて
そもそも、シャトーブリアンってなんだ?
特徴は?価格は?
っていうところから丁寧に知っていくためのコーナーをここに開催します。
食べたことが無い方も、まるで食べたことがあるかのような知識を備えて、セレブリティな気分に浸りましょう。

 

シャトーブリアンとは

まずはシャトーブリアンとはなんぞやという部分からです。

シャトーブリアンとは牛の部位であるヒレの中でも、中央部にある芯の部分のこと、およびそれを使ったステーキのことを言います。

牛のどのへんかと言うと

ピンクの部分がヒレの部分になりますが、シャトーブリアンはその中のさらに中心部ということですね。
余談ですが、私たちは馴染みのあるヒレですが、英語ではテンダーロインと言います。

ヒレ自体が希少部位でありまして、牛一頭からおよそ4kg、割合にして3%ほどしかとれません。
シャトーブリアンは、そのヒレ肉4kgから600gほどしかとれない、いわば超スーパー希少部位なわけであります。
600gとなれば、大食いの人であれば、一人でペロリといってしまう量ですよね!!
牛一頭からたったそれだけしかとれないために、最高級部位でもあるわけです。

シャトーブリアンの名前の由来

シャトーブリアンって聞いただけで、なんだか高級そうでオシャレな雰囲気が漂っているわけですが、この由来は何でしょうか。

実はフランスの作家で政治家でもあったフランソワ=ルネ・ド・シャトーブリアンが、料理人に作らせたのが由来だと言われています。
シャトーブリアンはシャトーブリアンを気に入り、いつも食べていたそうです。
シャトーブリアンお気に入りの肉=シャトーブリアンと呼ばれるようになったとは、よっぽど好きだったのでしょうね!

 

シャトーブリアンの特徴

シャトーブリアンの特徴を分かりやすく言うと、
・赤身
・やわらかい

これです。
赤身でやわらかい。赤身なのにやわらかい
その柔らかさといえば、はしでほぐれてしまうほど。

ヒレ自体が特徴として赤身でやわらかいっていうのが挙げられるのですが、シャトーブリアンはその究極体なわけです。

でも、赤身なのにやわらかいってなんだか少し不思議な感じがしますよね。
それってやわらかい筋肉ってことですから。
なぜシャトーブリアンがこんなにもやわらかいかというと、牛の筋肉の中でも、ほとんど使われることのない部位だからです。
運動しても、ほぼ使われることのない筋肉。だから固くならないんです。
そういうわけで、赤身なのにやわらかいんですね。

食べ方としては、やっぱりステーキがその代名詞となっています。
シャトーブリアンという名前自体が、ステーキとしての料理名となっているくらいですから。
ミディアム・レアくらいでお肉のやわらかさを感じつつ、肉汁を閉じ込めたシャトーブリアンステーキが一番堪能するのにふさわしい食べ方と言えるでしょう。

シャトーブリアンの価格

最初の方にも言いましたが、シャトーブリアンは牛一頭から600g程度しかとれない超希少部位です。
そのため、お値段の方もお高いです。
どこで食べるか、ブランド牛か否かやランクなどで値段は幅広く変わってきますが、100g10000円が相場といったところでしょうか。
安いものだと、誰でも手が届くくらいの価格で食べられますが、やはり牛による違いは大きいかと思われます。

日本最高品質和牛の味、気になりませんか?

当店では牛肉日本一に2度も輝き、数々の受賞歴を誇る牧場「川村ファーム」の仙台牛を販売しています。ギフトにもどうぞ。

肉のみやびの商品を見る

超和牛NEWS

超和牛NEWS一覧




営業日カレンダー

 

2020年2月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

が定休日です。