1. HOME
  2. 超和牛NEWS
  3. 【牛肉】モモの特徴は?どんな人におすすめ?赤身の優秀な部位!

【牛肉】モモの特徴は?どんな人におすすめ?赤身の優秀な部位!

単刀直入に言いましょう。

「コスパ主義と健康オタクはモモ肉一択です」

いきなり、上品さに欠ける書き出しをしてすみません。

でも、もしあなたが、「そこそこ食べれて安けりゃ良いよ」っていうコスパを気にするタイプであるか、
「体に悪いものなんかもってのほか、健康で長生きしたいわ」という健康志向なタイプであるなら、この記事を読むことをおすすめします。
なぜなら、牛肉の部位における、その最適解がモモだからです。

 

モモ肉の部位

まずはモモがどのへんかというところから見ていきましょう
モモと言っているくらいなのでなんとなくわかるとは思いますが念の為。
実はモモといっても「うちもも」「そともも」「らんいち」「しんたま」の4つに分かれています。

上記画像がその部位の位置関係となります。
本当はこんな感じに分かれるのですが、細かすぎるので、この辺の説明は又の機会にするとして、今回は割愛します。
ここではざっくりとモモがどのような特徴を持っているのかを見ていくことにしましょう。

らんいちの一部であるイチボについては別途記事を書いていますので、よろしければこちらをご覧ください。

モモの特徴

さて、モモの特徴ですが、最大の特徴として挙げられるのが

赤身肉で脂身が少ない部位

だということです。

モモは運動をする時に使う部分なので筋肉質で硬めなため、このような性質になっています。
とは言え、その量は多く、牛モモの総重量で45kg程度あり、これは牛の中でも最大の量を誇ります。
そのため、同じモモと言えども、場所によってそれぞれ違いはもちろん出てきます。
例えば、うちももとそとももで比較すると、そともものほうが硬いです。
量も多いし硬めであることもあって、ひき肉にされて利用されることも多いです。

ただ、難しいことは抜きにして、ここではざっくりとモモについて分かっていただければいいかなと思っているので、
「モモは赤身の部位なんだな~」
ってことを覚えてもらえばOKです。

そんな赤身代表であるモモ肉は一体どんな良いことがあるかというと、
・脂身が少ないので脂身が苦手な方や女性やご高齢の方にもおすすめ
・栄養価が高く、健康志向の方にも◎
・牛本来の味わいを感じることができる
・価格が安いのでお財布に優しい
・筋トレにもってこい

さて、牛にもいろいろと種類がありますが、最も赤身なのは輸入牛のモモです。
脂身は脂身で必要な栄養も含まれていますので、何を持って健康とするかは難しい問題ではありますが、徹底的に脂身の部分を排除したいという人には輸入牛のほうが合っているということになります。

上記で筋トレにもってこいと書きましたが、筋トレする人や美容に高い意識を持っている人にとってもモモ肉は鉄板です。
牛肉は筋肉を作るために必要なタンパク質が多く含まれています。
それだけではありません。体内で生成できないために食品から摂取する必要のある、必須アミノ酸9種も全て含まれているのです。
お肉を食べると太ると考えている方もそれなりにいるようですが、実は牛肉には体脂肪を燃焼させるために必要なLカルニチンが多く含まれています。

筋肉をつけたい人にとってももちろん、
「肉なんてダイエットの敵!」
と思っている方にも牛モモ肉は強い味方として活躍してくれそうです。

 

モモおすすめの食べ方

さてさて、赤身でちょっと硬めなモモですが、どのような食べ方が適しているのでしょうか。
場所にもよりますが、基本的には硬めなので、煮込み料理や小間切れなどに使われることが多いです。
牛丼やカレー、ビーフシチューなどがgoodですね。

硬めと言っても、品質によっても様々なので、上質なモモならステーキでもなかなかいけます。
和牛だと比較的柔らかかったりするので、薄めに切ってすき焼きやしゃぶしゃぶなんかもなかなか良いですよ。

あとよくスーパーで見かける赤身のブロック肉は、うちももであることが多いです。
ローストビーフやタタキなんかに使うようなやつですね。
上質なものではサシが入ったりもしますし、整形の仕方によっては、それなりに柔らかく食べることも出来ます。

ちょっとしたテクニックですが、牛モモを柔らかくしたいときには玉ねぎがその役割を果たしてくれます。
玉ねぎをすりおろしておいて、それをお肉につけておきましょう。そうするだけでお肉が柔らかくなります。
料理テクニックとして覚えておいても損はありませんね。

肉のみやびのモモ肉

「脂身が多いのは苦手だけど、柔らかいお肉が食べたいなぁ…」という方もいるでしょう。
当店の仙台牛のモモ肉は、しっかり赤身でありながらも、キレイにサシが入っていて柔らかいお肉です。

良かったらチェックしてみてくださいね。

肉のみやびA5ランク仙台牛 モモ【すき焼き・しゃぶしゃぶ用】 500g

肉のみやびの仙台牛モモ肉

モモまとめ

モモについてまとめます。
・モモは「うちもも」「そともも」「らんいち」「しんたま」に分かれている
・赤身肉で脂身が少ない
・部位にもよるが比較的硬め
・安価な部位
・栄養価が高い
・筋トレやダイエットにもおすすめ
・煮込み料理や小間切れとして使われる事が多い
・上質なモモなら柔らかく様々な料理で楽しめる

日本最高品質和牛の味、気になりませんか?

当店では牛肉日本一に2度も輝き、数々の受賞歴を誇る牧場「川村ファーム」の仙台牛を販売しています。ギフトにもどうぞ。

肉のみやびの商品を見る

超和牛NEWS

超和牛NEWS一覧




営業日カレンダー

2019年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

 

2019年8月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

が定休日です。